【心理学検定No.1】心理学とは

こんにちは、タクロウ(@takuro_109)です!

コーチングから、ポジティブ心理学に興味をもち、心理学全般を知りたくなり、ついでに資格をとってしまおうと思い、8月に心理学検定を受けることにしました。まずはストーリーで腹落ちさせ、大枠を理解するため、マンガでやさしくわかる心理学を読みました。

心理学検定と心理学の概要についてまとめます。

心理学検定

心理学検定はA領域5科目、B領域5科目に分かれています。5年間で、全10科目のうち何科目合格できたかという累積で級が認定されます。今回は「学習・認知・知覚」「発達・教育」「社会・感情・性格」「原理・研究法・歴史」「臨床・障害」「統計・測定・評価」の6科目を受験予定です。詳細は下記を参照ください。

参考 心理学検定一般社団法人日本心理学諸学会連合認定

心理学とは

心理学は行動の科学です。行動から人格、知能といった心の一面を導きだします。人の行動を見て「几帳面」「ほのぼの」「せっかち」といった人柄を推測することがあるのではないでしょうか。

心理学は大きく基礎心理学と応用心理学に分けられます。基礎心理学は心の機能を、感覚、知覚、記憶、思考などに分けて、それぞれの機能を扱う心理学です。

個人の機能を基礎として、それを土台に応用心理学が成り立ちます。応用心理学は、「現代社会」とかかわる分野、「適応からの逸脱」にかかわる分野、「適応の増進」にかかわる分野に分けられます。

乳幼児期から老年期までの加齢に伴う発達的変化を扱う発達心理学もあります。

さいごに

今回、心理学検定のうち、原理・研究法・歴史、知覚、社会、性格、臨床、研究法の一部を知ることができました。ストーリーで概観をつかめたので、心理学検定のテキストで学んでいきます。