【図解】WordPressをXserverからGCPへ移行する方法

こんにちは、タクロウです!

ブログ運営に使っているXserverの契約期限が残り1ヶ月。

改めてWordpressでブログ運営するサーバーは何が適切なのか調べると、「GCP(Google Cloud Platform)」だと無料でできるらしい。年間16,200円のレンタルサーバー代をカットできるの魅力的でした。

エンジニアスキルを磨くためにも、WordpressをXserver(レンタルサーバー)からGCP(クラウド)へ移行しました。

GCPでWordpress環境構築は下記の記事を参考にさせていただきました。

参考 1時間で出来る最強のWordPress環境構築(※永久無料・・・だった)【※2020/7/1より約300円/月が有料になります】Qiita

Qiita上で複数の方の意見を取り入れ、手順も詳細に記載されており、GCPでWordpress環境構築のベストプラクティスな気がしました。

本記事では「XserverからGCPへ移行する全体像」「補足事項」について書いています。細かい手順を見ながら作業する前に、全体像把握のために参考にしていただけたらと思います!

XserverからGCPへ移行する手順

移行イメージ(サービス間で関係あるものを図示)
STEP.1
移行元Wordpressエクスポート
All-in-One WP Migrationプラグインインストール。 ファイルでエクスポート。
STEP.2
GCP設定
WordPressコンテナデプロイ(VMインスタンス作成)。IPアドレスを固定。Cloud Storage設定。
STEP.3
移行先Worpress記事インポート
All-in-One WP Migrationプラグインインストール。 ファイルをインポート。
STEP.4
Cloudflare設定
CDN連携。DNS設定。常時https化設定。
STEP.5
お名前.com設定
ネームサーバー設定。
STEP.6
移行先Wordpress設定
各種プラグインインストール(Cloud Storage自動連携、簡易セキュリティ対策etc.)。

Step2,4,6:GCP上にWordpress環境構築

書き出しで紹介した記事を参照ください。

参考 1時間で出来る最強のWordPress環境構築(※永久無料・・・だった)【※2020/7/1より約300円/月が有料になります】Qiita

Step1,3:コンテンツ移行

WordPressのコンテンツ移行に関しては下記記事を参照ください。Step3でアップロードファイルサイズが64MBを超える場合は、後述のアップロードファイル上限変更を実施。

参考 たった3ステップでサイトの引っ越しが完了するプラグイン「All-in-One WP Migration」が簡単すぎ!Vector, Inc.

Step5:ドメイン取得サービス上の変更

お名前.comにログインし、対象のドメインの「ネームサーバー設定」画面にアクセスし、「その他のネームサーバーを使う」のネームサーバー1、ネームサーバー2に、Step4のCloudflareで表示されたネームサーバーをコピペします。

用語
VMインスタンス 物理的なコンピュータ上で起動され、稼動状態にある、ソフトウェアによって構築された仮想的なコンピュータ
CDN Web上で送受信されるコンテンツをインターネット上で効率的に配送するために構築されたネットワーク

補足事項

アップロードファイルの上限を増やす

Step3の新Wordpressにファイルをインポートする際にエラーがおき、アップロードファイルのサイズ上限を増やす設定をしました。デフォルトでは、64MBなので、256MBに変更しました。

参考 1時間で出来る最強のWordPress環境構築(※永久無料・・・だった)【※2020/7/1より約300円/月が有料になります】Qiita

上記記事にもありますが、VMインスタンスにSSHログインして実行したコマンドを記載します。

nginxのアップロード上限を変更

nginxはWebサーバーで、VMインスタンス作成の際にnginxのコンテナを使用しています。

vimエディタでファイルの最後にclient_max_body_size 256M;を追記します。

$ sudo vim /opt/bitnami/apps/wordpress/conf/nginx-app.conf

nginxを再起動します。

$ sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart nginx

phpのアップロード上限を変更

vimエディタでファイルの最後にupload_max_filesize = 256M;post_max_filesize = 256M;を追記します。

$ sudo vim /opt/bitnami/php/etc/php.ini

phpを再起動します。

$ sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart php-fpm

移行先Wordpressログイン情報確認

作業中に移行先のWordpressへのログイン情報がわからなくなり、困ることがありました。

WordPressをデプロイした画面をGCPメニューの「Deployment Manager」から再表示して、ログイン情報を確認できます。

さいごに

サーバー移行と聞くと大変なイメージがありましたが、便利なツールを使って簡単に移行することができました。加えて、サーバー代もほぼ無料に。

GCPには、今回Wordpressで使用する「Always Free」とは別に「12ヶ月間の無料トライアル」もあるので、クラウドの知識を深め、GCP上でデータ分析したり、機械学習モデルを回したりしていきたいと思います。

参考 Google Cloud の無料枠Google Cloudドキュメント

以上、お読みいただきありがとうございました。