Linuxの基礎

学習メモ。

Linuxとは

オープンソースのOS。Unix系OSのひとつ。2010年代以降、サーバ向けOSとして広く運用されるようになっている。

シェルとは

シェルはOSと対話するためのインターフェースを提供するソフトウェア。

引用:CORE CONCEPT TECHNOLOGY INC.ブログ:【10分でわかるかもしれない】シェル(shell)とは?

シェルの種類

ターミナルから、以下コマンドで確認。自分のmacはzshだった。

$ echo $SHELL
シェル説明
sh古くからあるシェル。AT&Tベル研究所のSteven Bourne氏によって開発され、開発者の名にちなんでBシェル(Bourneシェル)と呼ばれる。
cshC言語に似た構文をもつことから、Cシェルと呼ばれる。Bシェルに比べ、対話的に使用する場面で便利な機能(ヒストリー機能やジョブ制御、エイリアスなど)が実装されている。
bashBシェルを基盤とし、その機能を拡張したもの。
tcshCシェルにTenexの機能を組み込んだもの。Tenexとは、コマンドライン(コマンドの入力部分)の編集機能、ファイル名やコマンドの補間機能があるシステム。
zshbashやtcshなどの他のシェルの機能をいいとこ取りし、さらに独自の拡張機能を実装したもの。

Linuxの基礎コマンド

コマンド説明
cd <path><path>に移動する (current directory)
pwd今いるディレクトリを表示 (print working directory)
mkdir <new folder>新しいフォルダ<new folder>を作成 (make directory)
touch <new file>新しいファイル<new file>を作成
lsカレントディレクトリのファイル、フォルダいを一覧表示 (list)
rm <file><file>を削除
rm -r <folder><folder>を削除