元銀行員「つみたてNISA」を楽天証券ではじめる!メリットとデメリットを解説

2016年から2018年に株式投資するために使用していたNISA口座から、つみたてNISA口座に切り替え、つみたてNISAをはじめました。

関心があるけど、投資するまでに至らない人の参考になればと、つみたてNISAをはじめるにあたって調べたメリットデメリット、実際に楽天証券で積立注文した方法を紹介します!

つみたてNISAとは

概要

つみたてNISAは、2018年1月からスタートした少額から「長期」「積立」「分散投資」を支援するための非課税制度です。金融庁は投資初心者をはじめ幅広い年代の方の利用を想定しています。

ポイント
  1. 毎年40万円で20年間、最大800万円までの元本について、その投資運用益が非課税に
  2. 1人1口座で、開設する金融機関・タイプ(NISA/つみたてNISA)は1年単位で変更可能
  3. 対象は日本に住む20歳以上の方
  4. 金融庁が長期の積立・分散投資に適した(手数料の安い)投資信託を厳選
  5. いつでも売却、引き出し可能で流動性が高い

下図は、非課税枠のイメージです。

出所:金融庁「つみたてNISAの概要」

2019年9月現在の制度では、投資可能期間は2018年~2037年です。仮に2020年からつみたてNISAを始めた場合は、非課税投資額は最大で720万円(年間40万円×18年)となります。2020年に年間40万円を投資した場合、2039年までは運用益は非課税で、2040年以降も保有すると課税口座(一般口座、特定口座)に移されます。

NISAとの違い

つみたてNISAは、NISAと違い、株式投資ができないです。自由に株式を売買したい場合はNISAを選びます。

つみたてNISANISA
対象商品投資信託上場株式、投資信託など
購入方法積立買付通常買付、積立買付
投資可能期間2018年~2037年2014年~2023年
非課税期間最長20年最長5年
毎年の非課税枠40万円120万円

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAをはじめようと思ったメリットです。

メリット
  • 非課税なので、課税口座で運用益が出た場合にかかる20.315%の税金を節約できる
  • いつでも売却可能なので、iDeCoに比べて流動性が高い
  • 積立買付なので、ほったらかしにできる

非課税制度を利用せずに、投資をして運用益が10万円出た場合は、2万3,150円の税金がかかります。NISA制度を利用することで、この分の税金を節約できます。

iDeCoは個人型確定拠出年金で、つみたてNISAより税制優遇がある積立投資制度ですが、原則60歳まで引き出すことができません。それに対して、つみたてNISAはいつでも売却可能です。

積立買付で、相場のことを気にせず投資以外のことに専念できます。NISAからつみたてNISAへ切り替えた理由です。ドルコスト平均法で相場の変動に関わらず購入価格を平準化することによって、1回大金で購入するのと比べて、購入タイミングをミスして大幅に損することも回避できます。

つみたてNISAのデメリット

デメリットは損した場合です。

デメリット
  • 投資なので元本割れするリスクはある
  • 他の一般口座と損益通算ができない
  • 非課税期間終了後、損をした場合でも課税される場合がある

投資信託に投資するので、元本割れするリスクがあります。金融庁のつみたてNISAの対象商品を見ると、株式型か複数資産を組み合わせたバランス型で、元本保障の商品は見当たりませんでした。

つみたてNISA口座で発生した売却損は、他の株式など運用している口座の売却益と通算することができません。

下図のように、非課税期間終了後も保有した場合、新たに取得したと見做され、売却価格が購入価格を下回っていた場合でも、売却価格が取得価格を上回っている場合は課税されます。

出所:セゾン投信「NISA口座でのお取引」

デメリットもありますが、メリットのほうが大きいと判断し、つみたてNISAをはじめました。

既に楽天証券でNISA口座を開いており、ネットで調べる限り他の証券会社に変える理由が見当たらなかったので、楽天証券ではじめました。楽天クレジット決済にすると、100円につき1ポイント貯まるメリットがありました。楽天証券で実際に積立注文した方法を紹介します。

楽天証券で積立注文する方法

楽天証券にログインし、「NISAつみたてNISA」を選択します。

取引の流れと、1ステップ目の投資するファンドを探してみようのポップアップが表示されます。

パッケージがどんなファンドが選択されているか気になったので、「パッケージから選ぶ」を選択してみました。

試しに「堅実派のあたなに」で積立注文するを選択してみます。

積立注文画面に投資するファンドが設定されました。

個人的に、iDeCoで「新興国株」「REIT」に積立投資し、つみたてNISAで「国内株」「外国株」に積立投資しようとしているので、ファンド一覧から選びます。突発的なお金が必要になった場合、iDeCoではなくつみたてNISAを売却するので、自分にとって比較的に売却判断がしやすい内外株式を投資対象としています。

ファンド一覧から選ぶ画面です。

投資するファンドにチェックを入れ、カートに入れます。

手数料(管理費用)が安く、純資産額も大きい以下2ファンドを選びました。ニッセイのインデックスファンドと、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimが同条件でしたが、好みで三菱UFJ国際投信のファンドにしました。

  • 国内株式:eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • 外国株式:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

一括積立注文ボタンを押すと、以下画面に遷移します。

まず、引落口座と引落日の選択です。「楽天クレジット決済」「毎月」を選択しました。100円につき1ポイント貯まるのはうれしいですね。「楽天クレジット決済」を選択すると、積立指定日は毎月1日になりました。次に、金額・分配金コースの設定です。

積立金額をそれぞれ1万円とし、分配金コースは再投資型を選択しました。積立注文設定の最後に、オプションの選択です。

積立に楽天ポイントを利用するに設定しました。積立注文の設定が終わったら、「目論見書の確認へ」を押します。

目論見書を閲覧し、「注文内容確認へ」を押します。

注文内容を確認し、問題なければ、取引暗証番号を入力し、「注文する」を押します。

積立注文が完了しました!

さいごに

「分散」「低コスト」「長期積立」のつみたてNISAをはじめました。手間をかけず他のことに集中できるのが、自分にとって最大のメリットです。投資した後はその成果には興味を持たず本業に集中するオートマチック投資について、他の金融商品も比較するのに『はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑』もおすすめです。

ボッタクリな金融商品を見極める「金融商品の解剖図鑑」

iDeCoは税制メリットがつみたてNISAよりあるものの途中解約できないので、投資をはじめるのに、つみたてNISAをおすすめします。つみたてNISAをはじめてみるのはいかがでしょうか。