データ組織研究:メルカリ

担当しているサービスが、リリースから1年ほど経過し、データ分析基盤整備がある程度できつつ、データアナリストメンバーも増え、組織フェーズが変わったと感じ、一度、データ組織のあるべき姿を検討中。

IT、マッチングサービスの前提で、ネットの二次情報を調べてみると、メルカリのデータ組織が目指すべき姿かと感じたので、まとめます(2022年5月時点)。

前提

  • BtoCマッチングサービス
  • データアナリストは、サービス事業部内
  • 機械学習エンジニア、データエンジニアは別チーム

レコメンドシステム開発や、Hadoopなどのビックデータ処理基盤などは、他チームと連携を取りながら、事業部内で事業・サービス成長のために、データ活用するのが主な役割です。

なので、ITベンチャーの中でも、ビジネス寄りのデータアナリストが多いメルカリのデータ組織が参考になると考えました。

ビジョン・ミッション

中途採用求人(2022年5月募集中)から、抜粋。

ビジョン

メルカリの成長を主導するブレインになる

ミッション

  1. 実行可能なインサイトを提供し、より良い意思決定の支援を行う
  2. データの民主化を推し進め、皆の分析力を高めていく

役割

中途採用求人(2022年5月募集中)から、業務内容を抜粋。

ポジション業務内容
Senior Data Analyst・全社方針/事業戦略のための分析
・顧客体験向上のための分析
Data Analyst, Market Researcher・市場動向を踏まえた全社方針/事業戦略/事業推進のための分析と提言
・マーケティング・リサーチの実施と公的統計など公開情報の活用
Data Analyst, Architect・データ分析環境の継続的な改善
・評価指標の管理やデータ分析ノウハウの標準化

体制

チームは10名ほどで、ビジネス寄りアナリスト + BIエンジニア1名という内訳で、マトリクス型組織でプロジェクトベース(2019年5月28日記事)。

依頼ベースで動くのではなく、他チームの中に入り込んで目標設定をしたり、戦略を描くことを重視。

2019年10月から3チーム体制(2020年12月1日記事)。フリーランス的な動きから、横連携の強化が背景か。Growth Analyticsの役割については類推。

チーム役割
Product AnalyticsA/Bテストでサービスリリース意思決定など
Growth AnalyticsCRM、ブランディング、マーケティングキャンペーンなど
Business Analytics事業成長のための分析、分析の民主化、会社の足元の数字、半年〜1年後にどういう状態になっているかなど

4つのキャリア

  • 戦略を考えるストラテジスト
  • 統計やデータサイエンスなどの専門家であるスペシャリスト
  • データサイエンスやデータ分析チームのマネージャー
  • データの民主化や整理を行うアーキテクト